×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

堀田(3)に興味を持ってみた

.

記事本文


堀田(3)

「ホントにここは夢の中なんすか?」 フラッシュバックのように突如現れる謎の「神殿」、ゴミに埋もれる女、〆切に追われるマンガ家、猟師小屋の秘め事……不可思議な「日常」という名の迷宮に、出口はあるのか!? 山本直樹、渾身のエロティック・ファンタジー!!本日ついに堀田とエスイーエックスをばしてしまった。
最初はゆっくり動いてたけどそのうちだんだん強く突いてきた。
我慢できないほどじゃないけど、痛いというか苦しいというかせつないというか。
エスイーエックスは痛かったけどそれもそのうち気持ちよくなるんだろうか。
「たとえ地獄に堕ちようとも、一本の筆さえあれば、閻魔大王を楽しませるぐらいの小説を書く自信を私はもっている。
」「御仏を喜ばせず、地獄の亡者どもが群がり読む小説こそを、私は書いてみたい。
」女流作家・樋口一葉の日常を綴った表題作『一葉裏日誌』と『うたまる』を収録した上村一夫珠玉の一冊。
第一次大戦がいわば<忘れられた戦争>とすれば、第二次大戦は<忘れ得ぬ戦争>である。
人類はこれまでに経験したことのない規模の破壊とホローコーストに直面したが、21世紀になっても戦争の火種は依然として克服されていない。
例えば、第一次大戦の口火となったサラエボはユーゴ紛争の悲劇の街として再び思い起こされることになった。
本書は、戦争の原因と結果を、両大戦を通史として記述することによって、これまで見えてこなかったところを浮かびあがらせた労作。
史子は、夫と一人息子との家庭を持つ専業主婦。
そんな史子の悩みは、近所に住む義姉たち。
キャリアウーマンの義姉・邦子と、主婦業を嫌う笙子は専業主婦である史子に嫌味をいうことが多かった。
そんな中、邦子と邦子の夫の不仲が目立つようになり、ついに邦子は離婚してしまう…。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60010660



Copyright (c) 堀田(3)に興味を持ってみたAll rights Reserved.