×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



紫電改のタカ(4)

兵曹長に昇進し、南方帰りのあれくれ飛行士達の隊長に命じられた滝。
しかし、花田ら七人の部下たちはことあるごとに滝に嫌がらせをした。
ミッドウェー海域に集結中の米国機動艦隊を壊滅せよ、と密命を受けた滝らは、南方の孤島に作られた秘密基地へ到着したが、最後に着陸しようとしていた宇津井機が敵の大群に発見されてしまう。
基地の秘密を守るため、敵機の中で入っていく宇津井機を、黙って見ていられずに命令に背いて助けに行った滝は、隊長を首になってしまう。
滝たちは、秘密基地の上空でさまよっていたゼロ船を発見し救出するが、搭乗員は特攻隊を命じられた米田二飛曹の弟だった。
次郎は、兄に会って死ぬ覚悟が出来たと、飛び立って行こうとするが、滝は次郎をなだめすかして連れ戻した。
米軍の攻撃は激しさを増し、この基地も危ないとさとった宇津井大尉は、生き残った滝たちに本土へ帰還せよと命じ、自分は島もろとも自爆していった。
本土へ戻って来た滝だったが、敵機の来襲にも一人寝続けるなど人が変わったようになって…!?日本軍最後の砦、硫黄島もついにアメリカ軍の手に落ち、本土空襲は日増しに激しさを増していった。
大空の殺人鬼タイガー・モスキトンに挑戦した滝は、新戦法を駆使する。
多くの仲間達の命を奪い、憎むべき敵だったはずのモスキトンに対しても、友情を感じた滝は、ますます戦う意味を見失っていく。
だが現実は滝らから将来の夢も奪い去る。
滝に、特攻隊としての出撃命令が待っていた… 戦争の本質を問う、戦記傑作「紫電改のタカ」堂々の完結!!原典は全31巻から成り、天竺(印度)の説話、震旦(中国)の説話、本朝(日本)の説話に分かれている大著である。
仏教説話が多数を占めているが、本朝の部においては、合戦、争闘、宿報、霊鬼などの興味深い話が集められ、『源氏物語』『枕草子』をはじめとする王朝貴族文学に対して、庶民の生活と感情を生き生きと記したものである。
本書は、説話文学の調子をそこなうことなく現代語訳になおした。
汽車に乗り、海や田んぼを眺め、宿でひと風呂あびてビールを飲む。
冒険旅行とも瞑想旅行とも縁のない、気ままな一人旅エッセー集。
著者は映画評論でなじみ深いが、都市空間のなかで作家を描く作品でも知られる。
『荷風と東京』『林芙美子の昭和』『郊外の文学史』などがそれだが、その向こうに原風景を求めてひとり歩くというジャンルがあり、本書はその一書。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007688