×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



一本包丁満太郎(32)花板まつり

金平と満太郎の「父子すいとん戦争」が勃発する。
戦後の思いを込めてつくられた金平のすいとんに挑む満太郎。
この勝負どちらに軍配が上がるのか!? そして、豪華客船で行われる「花板まつり」に、名門ホテルのピンチヒッターとして参加することになった満太郎は…。
決勝戦で「吉留」の花板・山科と勝負することになった満太郎。
決勝戦で満太郎がつくった料理とは!? 「花板王」になるのは!? そして、船上で結婚式を挙げた満太郎と味味が向かった先とは…!? 味の道を極める満太郎の武者修業、ついに完結!!調香師になるため上京した紫怨には、会ったことがない実の姉がいた。
亡くなった父、そして姉もまた香料関係の仕事をしていると知った紫怨は、調香師が自分の天職ではないかと感じていた。
しかし、働きはじめてすぐ、姉の自殺を知らされる。
姉が残したオーデコロン“熾天使”には秘密が――!?宝石店「ジュエル・キタシロ」に就職が決まった瑠璃子。
特に深い考えもなく決めてしまったけれど、サービス業は瑠璃子にぴったりだった。
一つ一つの宝石を巡るそれぞれのドラマ――。
この店の中には、きっといろんな色がある。
それは夢であり、あこがれであり、人生なのかもしれない!!彼と別れたのは、一緒に住もうと決めたあとだった。
結局一緒には住まなかったけど、すでに契約した2DK家賃14万8000円の新しい部屋は、残ってしまった――。
手取り19万のフジコに、引っ越し代はない。
友達のオカマ(でもストレート)のシーナとの同居生活をはじめてみたけど…!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60011898