×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Sh15uyaシブヤフィフティーン

.

記事本文


Sh15uyaシブヤフィフティーン

路地で目覚めた「ツヨシ」はすべての記憶を失っていた。
そこは、15歳の少年少女たちが抗争に明け暮れる虚像世界「シブヤ」だった! 今、注目の特撮スタッフが贈る話題作、ついにコミック化!本所で「狐の嫁入り」騒ぎが頻々とおきている。
花嫁行列の駕籠が宙に浮いて、青白い狐火が飛ぶのだとか。
妖怪変化のうわさ話、と最初は聞き流していた神林東吾だが、同心・畝源三郎が続出する目撃者を捨てておけぬと慌しい。
ふたりで真相究明に乗りだし、かわせみの女主人・るいも一役買って……表題作ほか「師走の月」「迎春忍川」「梅一輪」「千鳥が啼いた」「子はかすがい」の全六篇を収録。
江戸の四季、風物、人情を織り込んだ人気シリーズ新装版第六弾。
「まるで不作の生大根(なまだいこん)をかじっているようだ」と男に自分の身体をけなされ、その煙管職人をお松が殺した頃、長谷川平蔵は旗本として退屈な日々を送っていた。
その平蔵が火付盗賊改方に就任した直後の捕り物と、お松の数奇な人生が絡み合うことになろうとは……。
平蔵が「男にはない乳房が女というものを強くするのだ」とふと洩らす。
過酷な運命を背負う、女だけでなく男の生き方をも、情感ゆたかに描きだした鬼平犯科帳番外編。
八神蘭はまだ若いが、天才と謳われた伝説のスポーツ女医。
故障した選手の治療のみならず、高額の報酬を受け取り、記録のため、勝利のためにメスをふるったと噂されている。
今は引退し喫茶店を開いている蘭だが、経営する店に女子マラソンの森川京子が訪ねてきた! もう一度走れるようになりたいという森川。
どうする蘭!?日本チャンピオンのタイトル戦を間近に控えた大事な時期、本来なら試合に集中すべき時期なのだが、ボクサーの小原はバイトを掛け持ちして忙しく働いている。
蘭には生活のためだと言っていたのだが、実は自分がリングで再起不能にしてしまった親友の、医療費のためのバイトだった。
しかし、実は小原も視力の低下を隠していて…!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60012993



Copyright (c) Sh15uyaシブヤフィフティーンAll rights Reserved.